読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

F# で ASP.NET

.NET F# ASP.NET

F# で ASP.NET を実装してみました。
Visual Web Developer 2010 Express では、F# 用プロジェクトは作成してくれないみたいだったので(Visual F# が要ると思う)、自前で Web.config ファイルを用意し、Visual Web Developer を使わずに実装してみる事にします。

とりあえず、以下をインストールしておきます。

サンプルソースは http://github.com/fits/try_samples/tree/master/blog/20100906/

設定ファイル Web.confg の用意

Web.config ファイルに以下のような F# コンパイラの設定を行えば、ASP.NET で F# が使用できるようになります。
なお、FSharpAspNetCodeProvider は F# PowerPack に含まれるのでインストールしておく必要があります。

Web.config
<?xml version="1.0"?>
<configuration>
  <system.web>
    <compilation debug="true" />
  </system.web>
  <system.codedom>
    <compilers>
      <compiler language="F#;f#;fs;fsharp"
         extension=".fs"
         type="Microsoft.FSharp.Compiler.CodeDom.FSharpAspNetCodeProvider,
               FSharp.Compiler.CodeDom,
               Version=2.0.0.0,
               Culture=neutral,
               PublicKeyToken=a19089b1c74d0809"/>
    </compilers>
  </system.codedom>
</configuration>

トップページの実装

それでは、ASP.NET のページを作成します。
Language で F# を指定する以外は一般的な ASP.NET のページを作成する事になります。

Default.aspx
<%@ Page Language="F#" AutoEventWireup="true" CodeFile="Default.aspx.fs" Inherits="Fits.Sample.DefaultPage"%>
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="UTF-8" />
  <title>F# Sample</title>
</head>
<body>
  <form runat="server">
    <div>
      <asp:TextBox runat="server" id="InfoText" />
      <asp:Button runat="server" id="InfoButton" text="Button" onClick="InfoButton_Click" />
    </div>
    <div>
      <asp:Label runat="server" id="InfoLabel" />
    </div>
  </form>
</body>
</html>

次に、F# による処理の実装を行います。
自分で配置したコントロール類は、"[] val mutable" で定義します。
val キーワードはフィールドを初期化無しで宣言するためのもので、DefaultValue 属性でゼロ初期化(今回のケースでは null で初期化)を指定しています。

ちなみに、val キーワードを使って宣言されたフィールドは「明示的なフィールド」と呼ばれます。

Default.aspx.fs
namespace Fits.Sample

open System
open System.Web
open System.Web.UI
open System.Web.UI.WebControls

type DefaultPage() =
    inherit Page()

    [<DefaultValue>] val mutable InfoText : TextBox
    [<DefaultValue>] val mutable InfoButton : Button
    [<DefaultValue>] val mutable InfoLabel : Label

    //ページロード時の処理
    member this.Page_Load(sender : obj, e : EventArgs) =
        this.InfoLabel.Text <- "hello"

    //ボタンクリック時の処理
    member this.InfoButton_Click(sender : obj, e : EventArgs) = 
        this.InfoLabel.Text <- "入力: " + this.InfoText.Text

動作確認

ASP.NET 開発サーバー(通常は C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\DevServer\10.0 にインストールされているはず)を使って動作確認を行います。

以下のようにコマンド実行すると、path で指定したディレクトリ内のファイルを ASP.NET で実行します。(path は絶対パスを指定する点に注意)

ASP.NET 開発サーバー実行
>WebDev.WebServer40.exe /port:8080 /path:d:\try_samples\blog\20100906\asp.net_fsharp

上記コマンドの実行後、http://localhost:8080/ に Web ブラウザで接続し、Button ボタンをクリックすると動作している事が確認できるはずです。