読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gradle で Jetty9 を使用

今のところ Gradle 標準の jetty プラグインでは Jetty6 しか使えないようなので、Servlet 3.0 を使いたいケースでは不便です。

この場合、build.gradle で Jetty9 の起動処理を自前で実装する手も考えられますが、Gradle Jetty Plugin for Eclipse Jetty (gradle-jetty-eclipse-plugin) を使った方が簡単だと思います。 (他にも gradle-jetty9-plugin というのもあります )

gradle-jetty-eclipse-plugin を使うと gradle jettyEclipseRun で Jetty 9.0.6 を起動できます。

gradle-jetty-eclipse-plugin の使い方

使用するには、build.gradle へ下記の設定を追加するだけです。

  • gradle-jetty-eclipse-plugin を使用するための buildscript を定義
  • jettyEclipse を apply plugin する
gradle-jetty-eclipse-plugin を使用するための build.gradle 設定
apply plugin: 'jettyEclipse'

buildscript {
    repositories {
        jcenter()
        maven {
            url 'http://dl.bintray.com/khoulaiz/gradle-plugins'
        }
    }
    dependencies {
        classpath (group: 'com.sahlbach.gradle', name: 'gradle-jetty-eclipse-plugin', version: '1.9.+')
    }
}

なお、jcenter() の部分は Jetty9 のモジュールを取得できるリポジトリであればよいようなので mavenCentral() でも問題ないようです。

Jetty9 の実行

それでは @WebServlet アノテーションを使った単純な Servlet を実行してみます。

サンプルソースhttp://github.com/fits/try_samples/tree/master/blog/20140203/ に配置しています。

まずは build.gradle です。

gradle-jetty-eclipse-plugin の利用設定を追加し、providedCompile で Servlet 3.0 の API を指定しました。

build.gradle
apply plugin: 'jettyEclipse'

buildscript {
    repositories {
        jcenter()
        maven {
            url 'http://dl.bintray.com/khoulaiz/gradle-plugins'
        }
    }
    dependencies {
        classpath (group: 'com.sahlbach.gradle', name: 'gradle-jetty-eclipse-plugin', version: '1.9.+')
    }
}

repositories {
    mavenCentral()
}

dependencies {
    providedCompile 'javax.servlet:javax.servlet-api:3.0.1'
}

Servlet は "sample" という文字を出力するだけの単純な処理を実装しました。

SampleServlet.java
package fits.sample;

import java.io.IOException;
import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.annotation.WebServlet;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

@WebServlet(urlPatterns = {"/sample"})
public class SampleServlet extends HttpServlet {
    @Override
    protected void doGet(HttpServletRequest req, HttpServletResponse res) throws ServletException, IOException {
        res.getWriter().print("sample");
    }
}

それでは gradle jettyEclipseRun で実行してみます。

ちなみに、標準 jetty プラグインのような jettyRunjettyRunWar のような区別はありません。

実行
> gradle jettyEclipseRun

:compileJava
:processResources UP-TO-DATE
:classes
:war
:jettyEclipseRun
Empty contextPath
!RequestLog

Hit <ENTER> to reload the webapp.
Hit r + <ENTER> to rebuild and reload the webapp.
Hit R + <ENTER> to rebuild the webapp without reload

> Building 80% > :jettyEclipseRun > Running at http://localhost:8080/

これで Jetty9 が起動し、http://localhost:8080/sample へ接続すると "sample" という文字が返ってくるはずです。